ガードル

『下腹のポッコリに悩んでいる!』という方も多いと思います。
そこで、ガードルはポッコリ下腹のケアに効果があるのか調査しました。

(下腹のケアに効果が期待できるガードルは?)

ガードルを選ぶ際は、自分の悩みに合わせた選び方が大切なポイントで、ウエスト周りや下腹のケアを目指す場合は、ハイウエストタイプのガードルがおすすめです。

・ハイウエストガードルの魅力
ハイウエストタイプのガードルは、お腹全体をカバーする設計のため、下腹ケアの効果が期待できます。

また、ハイウエストタイプだと、『お腹のお肉が乗っかる』という状態を避けられるので、履いた瞬間からキレイなボディラインを目指せます。

(ガードルの伸縮性も効果のポイントに?!)

・下腹部分の伸縮性
下腹のケアを目的にガードルを使っている人の口コミを見ると、『下腹部分の生地が伸びないタイプを選ぶ。』という方が多いようです。

下腹部分の生地が伸びてしまうと、十分な引き締め効果が期待できないので、下腹ケアのガードル選びは機能性に着目したいところです。

一方、伸縮性の低いガードルは、下腹の引き締め効果が期待できても着用し難い可能性もあるため、効果を期待したいポイントだけ伸びないようなガードルがおすすめです。

・下腹ケアはガードルで!
ガードルは、下腹やウエスト周り、ヒップ、骨盤サポート、太ももなどにアプローチするタイプが多いので、ポッコリ下腹のケアにも十分効果は期待できます。

骨盤サポートにおすすめなガードルは?

ガードルを使用する場合、骨盤サポートにアプローチするタイプを選ぶ方が多いようです。
ここでは、骨盤サポートにもおすすめなガードルを紹介します。

(骨盤をケアする目的は?)

・骨盤ケアの目的
骨盤の開きや歪みは、ウエスト周りやお尻、太ももなどに影響を与える可能性があり、姿勢にも影響があると言われています。

そのため、骨盤ケアはトータル的なボディメイクに繋がるので、骨盤サポートが期待できるガードルを使用する人が増えています。

・ウエスト周りを引き締めるガードルがおすすめ!
骨盤サポートも期待してガードルを選ぶ場合、ウエスト周りを引き締めるタイプがおすすめで、アプローチを考えますとハイウエストガードルがおすすめです。

(骨盤サポートガードルのおすすめは?)

骨盤サポートにアプローチするガードルは複数販売されていますが、商品選びの際は幾つかの点に着目した選び方がおすすめです。

・おすすめな選び方
骨盤サポートも期待できるガードルを選ぶ際は、『サイズ選びできる』『腰を高い位置にキープして引き締める』『引き締め圧がある程度強い』などに着目したいところです。

また、生地が厚く引き締め圧が強過ぎるガードルは、継続し難い可能性があるので、履きやすさも重視した選び方がおすすめです。

因みに、ローウエストガードルはお尻のケア重視の際におすすめですが、骨盤サポートを考える際はウエスト周辺を全体的にカバーするガードルがおすすめです。

年齢とともにガードルが必須になった

若い時には、そのままの体型でなんとか大丈夫と思うことがあります。たまに食べ過ぎてしまうことがあるので、それをセーブするためにガードル等を付けることがありました。しかしそんなに頻回に使うことがありませんでした。

ところが、30代になると、やっぱりおしりの垂れ具合が気になり、ガードルを使うようになるんですね。ガードルを履くことにより安心することすらできるのです。それを付けることにより、後ろから見られたときにちょっと不安と思うことが少なくなるからです。

そのことから、年齢とともにいろいろなガードルを使うことにしています。特に最近使っているのは、腹部をがっちりガードできるものです。腹部をがっちりガードできるものは持っていたのですが、それでは物足りなくなってしまいました。

最近使っているのは、お腹の少し上部まであるガードルです。それを使うとめくれることがないので、しっかり体型をカバーできていると思うことができます。

肉が多すぎてガードルに収まりきらない悩み

年齢とともにカラダはたるんできてしまいます。あちこちの脂肪が下垂してきた気がして、ガードルや補正下着に最近興味が出てきました。

ガードルは以前から時々使用していたのですが、体型維持のためにはできるだけ毎日利用した方がよいのかと思います。最近は積極的にガードルを履くようにしています。

そのガードルについて、少し悩みがあります。恥ずかしながら、お尻周りのお肉が多すぎて、ガードルに収まりきらないのです。サイズはショップで測って購入したのですが、どうやら私の脂肪が多すぎるようです。ガードルを履いたら、はみ出たお肉が盛り上がってしまう状態です。ショーツタイプのガードルなので、お尻の下の肉が盛り上がってしまう感じです。

ガードルではなく、下半身全体をカバーするような補正下着をつけたほうが良いのかもしれないな、と考えています。太ももまでカバーするガードルもあるようなので試してみたいです。

もう一つ悩んでいるのは、やはりガードルは補正効果はあると思うのですが、普通の下着よりは圧迫感があることです。あまりリラックスできません。

いろいろなガードルや補正下着を試してみて、自分に合ったものを見つけたいです。

ガードルでスタイル良く見せる

猫背である人は、痩せている人でもちょっとスタイルをよく見せることができないと思います。私の友人でとても痩せていて羨ましいと思う人がいるのですが残念なことに猫背であるので、そのスタイルのよさを発揮することができていません。

その点、太っている人でも背筋を伸ばして歩くことができている場合は、とてもスタイルをよく見せることができるのです。そのスタイルをよく見せることができるアイテムとして、ガードルがあります。

ガードルは、背中をカバーすることができるし、お腹をカバーできることを背筋を伸ばすことが出来るんですね。そこで私も、スタイルをよく見せたいと思ったときに、ガードルを使うことにしました。

鏡の前で自分のスタイルを見たときに、ガードルを履いていない場合は背筋が曲がりなんとなくおかしいです。ところが、ガードルを履いていると、背筋がピンとなり鏡を見てこれこれと思ったことでした。やっぱり背筋が伸びるのは、とても大切な事ですね。

お腹カバーのガードルは必須

食べ過ぎてしまったときに、本当にお腹がぽっこり出てしまって後悔をしてしまうことがあります。そんな時、ガードルを履くことにより、それをカバーできるので履く事にしました。

私が持っているガードルは、お腹部分がしっかりした生地となっていて、その部分を伸ばすとかなり伸びます。その伸びるということで、お腹のたるみをカバーできるんですね。それを履いていると、またいいこともありました。

それはなんといっても、食べ過ぎないということなんですね。履いていると、なんとなくお腹のあたりを意識するようになり少し食べただけでも満足感を持つことができるのです。お腹を圧迫しているので、その関係で少量食べただけでもしっかり食べたような感じになることができるのです。

そのため、最近ではバイキングで食べたりする場合は、それを履いていくことにしました。ガッツリ食べたいと思うのですが、食べると後悔をしてしまうのでその対策で防止しています。